勝つテニスダブルス 上達のポジション、戦術と戦略(雁行陣編9)

神尾米『これからテニス。』Vol.1『いつでもテニス!』Vol.2/Vol.3 3枚セット【DVD】送料無料! 田村伸也『THE GAME』Vol.1【DVD版】 NHK趣味悠々『沢松奈生子が贈るたのしいテニス』  前編:基本をおぼえよう!【DVD】 Dr.西尾の「テニスクリニック」ストローク編【DVD】 神尾米『これからテニス』『いつでもテニス!』 3枚セットDVD

田村伸也『THE GAME』Vol.1DVD

NHK趣味悠々『沢松奈生子が贈るたのしいテニス』DVD

Dr.西尾の「テニスクリニック」ストローク編DVD

テニス用品の選び方
テニスシューズの選び方 プロ使用のテニスラケット おすすめテニスウェア テニスボール その他のテニス用品
テニスコートの種類によりテニスシューズはかえなくてはいけません...テニスラケットの選び方のABC おすすめテニスウェアの紹介
涼しくテニスをしよう!
テニスボールあれこれ テニス肘や日焼け止めなどのおすすめグッズを紹介


テニストップ

テニス用品は
アートスポーツ

テニスショップアド

KPItennis

テニスマックス

tennis 24


テニス肘にはコレ!
GOSENひじ痛防止器具 A80 ドクターエルボー 

スポーツマンのためのメンタルタフネス
4484971038


テニス商品20,000点の品揃え!

テニス用品の選び方
 1.テニスシューズの選び方
 2.プロ使用のテニスラケット
 3.おすすめテニスウェア
 4.テニスボール
 5.その他のテニス用品(テニス肘等)
 6.おすすめテニスショップ

勝つテニスダブルス 上達のポジション、戦術と戦略
 テニスダブルス上達 雁行陣編 (楽天BlogのBack Numberです)
 1.前衛の左右の動き1
 2.前衛の左右の動き2
 3.前衛の前後の動き
 4.リターン側の前衛の動き
 5.リターンのコースとポジショニング
 6.サービスのコース
 7.ポーチに出よう
 8.ポーチのコースとポジショニング
 9.ロブに対するポジショニング
 10.ストレートラリーのポジション
 11.後ろ平行陣のポジション
 12.ストレートアタック

 テニスダブルス上達 平行陣編
 1.ボレーポジションの基本
 2.ロブに対する対処法
 3.センターセオリー
 4.決めるボレーとつなぐボレー
 5.平行陣に対するレシーブ
 6.平行陣をロブで崩す
 7.サーブを打つ位置
 8.ファーストボレー
 9.サービスのコース
 10.リターンダッシュ
 11.ロビングで攻める
 12.平行陣の前衛の動き1
 13.平行陣の前衛の動き2
 14.ドロップボレー
 15.オーストラリアンフォーメーション
 16.アイフォーメーション
 17.ポーチの出方
 18.ポーチフェイク




メルマガ登録はコチラ


上手な引越しのコツ
子供英語教材
子連れ旅行ののコツ
HOMEテニストップ9.ロブに対するポジショニング

自分または相手のフォーメーションを崩してポイントする方法として前回はポーチについてお話しました。今回は、ロブを使って相手のポジションを崩す方法です。サーブに対するリターン、または、雁行陣でクロスのラリーからストレートのロブがあがりフォーメーションが変化することは初級者のダブルスでも良く見かけます。よいタイミングでストレートロブをあげれば、相手のポジションを崩すことができます。このようなロブが抜けたときにそれぞれ4人がどのように動くのが良いか考えてみてください。

 それでは、図9-1のような状況で(4)がストレートロブをあげて前衛(2)の上を抜けたとします。抜いた4はそのままの位置でとどまり雁行陣を続ける方法もありますが、前に出て平行陣をつくる絶好のチャンスになります。このときには図9-2のように、4のポジションは相手のストレートになりますから前に位置取りするようにします。(サーブのときと同じポジションになります。)逆に(3)は相手にとってクロスになるので少し後ろに構えます。 平行陣で構えるときでも前衛、後衛があるのです。 この理由に関しては平行陣編1で解説しますが、原則クロス側が後ろ、ストレートが前を守ると覚えておいてください。  ただし、ロブが良いところに入れば、またロブが帰ってくる可能性が高いのであまりネットにつめすぎると簡単に抜かれてしまうので要注意です。 抜かれた側ですが、まず後衛の(1)がこのボールをとりに行きます。抜かれた前衛(2)は空いた逆側のコートをカバーしなくてはなりません。 ロブのコースやパートナー1の技量しだいで点線のようにベースラインに下がるか、または前衛に残るかの判断をして反対側に動きます。 それでは、追いついた(1)はどこに返球すればよいでしょう。   テニスダブルス図1
コレは相手が平行陣か雁行陣かによって打つ方向が変わってきます。 前衛はポイントゲッターですから相手の前衛を避けて打たなくてはなりません。 要するにどのような陣形でも決められるコースがなければ後衛側に打てばよいことになります。 すなわち、もし相手が雁行陣のままであれば、ストレートに後衛側にロブまたは深いストロークを返します。
 図9-3のように正しいポジションに相手がつめてきたときには余裕があればクロスに沈めるボール(A)、余裕がなければ ストレートのロブ(B)を打ちます。
 もし、図9-4のように相手が間違ったポジションにつめてきたときにはかなりチャンスになります。余裕がなくてもクロスのロブ(B)が、余裕があればセンターへのパッシング(A)がエースコースになりますし、それがムリでもストレートに沈める(C)のも相手が後ろにいるので難しくないので、次の球がチャンスボールになる可能性が高くなるでしょう。打ってはいけないコースはストレートのロブとクロスへの突き球です。ここに打ってしまっては折角の相手のポジショニングミスを生かせずチャンスボールを与えてしまいます。  
テニスダブルス図2

■こんなに図解されても良く覚えられないという方はコチラ
 テニスダブルスの基本7つをおさえたDVD(新発売です)
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「7日間短期集中」通信講座
■この図解で理解できたという方はお手数ですがクリックご協力を!
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 人気WEBランキングスポーツ人気Webランキング

 勝つためのテニスダブルス メルマガ登録中!!

<PR>インターネットで受けられる『イメージでとらえる新しいテニスレッスン』
「7日間短期集中」通信講座

HOMEテニストップ9.ロブに対するポジショニング
BACK  HOME  NEXT
440839520X

4789920577

4051048071

4054020208

4054025188

4408395390

4484971038

ボロテリーのテニスコーチング

新インナーゲーム―心で勝つ!集中の科学