勝つテニスダブルス 上達のポジション、戦術と戦略(雁行陣編5)

   テニス用品特集!!
    秋の新作テニスバッグ特集!!   楽天で売れているウェアを見る
    楽天売れ筋ラケットランキング    売れ筋バッグランキング

テニス用品の選び方
テニスシューズの選び方 プロ使用のテニスラケット おすすめテニスウェア テニスボール その他のテニス用品
テニスコートの種類によりテニスシューズはかえなくてはいけません...テニスラケットの選び方のABC おすすめテニスウェアの紹介
涼しくテニスをしよう!
テニスボールあれこれ テニス肘や日焼け止めなどのおすすめグッズを紹介


テニストップ

テニス用品は
アートスポーツ

テニスショップアド

KPItennis

テニスマックス

tennis 24


テニス肘にはコレ!
GOSENひじ痛防止器具 A80 ドクターエルボー 

スポーツマンのためのメンタルタフネス
4484971038


テニス商品20,000点の品揃え!

テニス用品の選び方
 1.テニスシューズの選び方
 2.プロ使用のテニスラケット
 3.おすすめテニスウェア
 4.テニスボール
 5.その他のテニス用品(テニス肘等)
 6.おすすめテニスショップ

勝つテニスダブルス 上達のポジション、戦術と戦略
 テニスダブルス上達 雁行陣編 (楽天BlogのBack Numberです)
 1.前衛の左右の動き1
 2.前衛の左右の動き2
 3.前衛の前後の動き
 4.リターン側の前衛の動き
 5.リターンのコースとポジショニング
 6.サービスのコース
 7.ポーチに出よう
 8.ポーチのコースとポジショニング
 9.ロブに対するポジショニング
 10.ストレートラリーのポジション
 11.後ろ平行陣のポジション
 12.ストレートアタック

 テニスダブルス上達 平行陣編
 1.ボレーポジションの基本
 2.ロブに対する対処法
 3.センターセオリー
 4.決めるボレーとつなぐボレー
 5.平行陣に対するレシーブ
 6.平行陣をロブで崩す
 7.サーブを打つ位置
 8.ファーストボレー
 9.サービスのコース
 10.リターンダッシュ
 11.ロビングで攻める
 12.平行陣の前衛の動き1
 13.平行陣の前衛の動き2
 14.ドロップボレー
 15.オーストラリアンフォーメーション
 16.アイフォーメーション
 17.ポーチの出方
 18.ポーチフェイク




メルマガ登録はコチラ


上手な引越しのコツ
子供英語教材
子連れ旅行ののコツ
HOMEテニストップ5.リターンのコースとレシーバーのポジショニング

リターンのコースはサービスのコースにもよりますが主に4種類あります。

 1. クロス
 2. ストレート
 3. ストレートのロブ
 4. クロスのロブ

1のクロスのリターンが基本戦術であり、相手がサーブアンドボレーをするようであればネットを越えてから足元に沈むようなリターンを狙うようにします。相手が雁行陣であれば、深いリターンも有効です。 2のストレートのリターンは相手がポーチによく出てくる場合には、これを封じる意味でも時に打つと有効です。ただし、相手のサービスのコースと相手のポジショニングによります。前衛の守備範囲内に打つことは相手が少しうまければ、通用しないどころか相手にチャンスボールを与えていることになります。前衛に当ててミスを誘うという作戦は、相手のセカンドサービスがよほどチャンスボールになるとか前衛のボレーがうまくない状況でなければ通用しないでしょう。原則として前衛はポイントゲッターです。

図5-1のようにセンターに入ったサーブの場合には前衛がポーチに出てこない限り、ストレートが抜ける可能性は非常に低くなります。ただし、サーブがセンターに入ると相手の前衛としてはポーチに最もでやすい状況になります。もし、相手の前衛のポーチの動きだしが早いようであれば、ストレートにリターンをすると相手の逆をつく形になり有効な場合があります。 逆に図5-2のようにサイドにサーブが入った場合にはストレートにエースコースができます。相手の前衛が少しダブルスの動きを知っていれば一歩サイドに寄るでしょうからこのコースは封じられますが、前衛が動かないようであれば狙うコースのひとつとなります。 ただし、ストレートはネットが高く奥行きが短いのでミスの可能性も高くなることに注意が必要です。 相手が雁行陣の場合には4のクロスのロブは前衛のポーチを避けられるため比較的有効ですが、サービスアンドボレーをしてくる場合にはチャンスボールになる可能性が高くなります。サーブアンドボレーをしてくる相手に対してロブをあげる場合には原則ストレートということになります。   テニスダブルス図1
リターンのときには可能であれば、相手がサーブを打つ瞬間に1歩前に出てスプリットステップを踏みます。そして前でバウンドしたあがりっぱなをたたく(ライジングの)リターンができると有効です。これができるようになるには慣れや練習が必要ですが、コツとしてはスイングをコンパクトにする(ボレーをするようにという人もいます)。前に動く動作でボールを運ぶといった感覚(いわゆる最初に習うストロークの1・2・3のタイミング)でリターンをするといったとこでしょうか。それと相手のサーブの球種を読むことも重要です。
ポジショニングといいながらまだ、ポジションのことを話していませんでしたが、この斜め前に出ながらということがリターンのポジショニングとしては重要です。図5-3のようにサイドにサーブが入ったときには横に(Aの方向)に動いてしまうとかなり距離があります。スライスがかかったサーブで少し勢いがあればエースになってしまうでしょう。斜め前(B)の方向にとりに行くことが重要です。センターのサーブの場合(図5-4)には横に動いても必ずしも距離的には遠くはなりませんが、前に出ることでライジングで打つメリットが出てきます。ライジングで打つことによりサーブからリターンまでの時間そしてリターンから相手に届くまでの時間(AとBとの距離の2倍にかかる時間)が両方短くなりますので、前衛にとってみるとポーチする余裕が少なくなります(多少コースが甘くとも)。サーバーがサーブ&ボレーをするとなれば前につめる時間も短くなりますからよりローボレーを強いられることになります。  どのくらい前で打つかは相手のサーブの強さと自分のリターンのミスの確率にもよりますが、普段の練習から前でリターンする癖をつけないといつまでたっても前でのリターンはできるようにならないので、できるだけ練習のときから意識して練習しましょう。   テニスダブルス図2

■こんなに図解されても良く覚えられないという方はコチラ
 テニスダブルスの基本7つをおさえたDVD(新発売です)
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「7日間短期集中」通信講座
■この図解で理解できたという方はお手数ですがクリックご協力を!
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 人気WEBランキングスポーツ人気Webランキング

 勝つためのテニスダブルス メルマガ登録中!!

テニス商品20,000点の品揃え!

<PR>インターネットで受けられる『イメージでとらえる新しいテニスレッスン』
「7日間短期集中」通信講座

HOMEテニストップ5.リターンのコースとレシーバーのポジショニング
BACK  HOME  NEXT