勝つテニスダブルス 上達のポジション、戦術と戦略(雁行陣編11)

4789920577
テニス ダブルスのゲームプラン―試合パターンと練習方法
岡田 邦子

関連商品
試合に勝つテニス ダブルス55の鉄則
現役発 ダブルス上達のツボ 実践編
テニス 必勝シングルス、チャンスボールの作り方&決め方
テニス 試合に即役立つサービス・テクニック
現役発ダブルス上達のツボ 基本編
by G-Tools
現役発 ダブルス上達のツボ 実践編 現役発 テニス上達130のツボ―見方を変えれば見え方も変わる 現役発ダブルス上達のツボ 基本編 試合に勝つテニス ダブルス超実戦テクニック
テニス用品の選び方
テニスシューズの選び方 プロ使用のテニスラケット おすすめテニスウェア テニスボール その他のテニス用品
テニスコートの種類によりテニスシューズはかえなくてはいけません...テニスラケットの選び方のABC おすすめテニスウェアの紹介
涼しくテニスをしよう!
テニスボールあれこれ テニス肘や日焼け止めなどのおすすめグッズを紹介


テニストップ

テニス用品は
アートスポーツ

テニスショップアド

KPItennis

テニスマックス

tennis 24


テニス肘にはコレ!
GOSENひじ痛防止器具 A80 ドクターエルボー 

スポーツマンのためのメンタルタフネス
4484971038


テニス商品20,000点の品揃え!

テニス用品の選び方
 1.テニスシューズの選び方
 2.プロ使用のテニスラケット
 3.おすすめテニスウェア
 4.テニスボール
 5.その他のテニス用品(テニス肘等)
 6.おすすめテニスショップ

勝つテニスダブルス 上達のポジション、戦術と戦略
 テニスダブルス上達 雁行陣編 (楽天BlogのBack Numberです)
 1.前衛の左右の動き1
 2.前衛の左右の動き2
 3.前衛の前後の動き
 4.リターン側の前衛の動き
 5.リターンのコースとポジショニング
 6.サービスのコース
 7.ポーチに出よう
 8.ポーチのコースとポジショニング
 9.ロブに対するポジショニング
 10.ストレートラリーのポジション
 11.後ろ平行陣のポジション
 12.ストレートアタック

 テニスダブルス上達 平行陣編
 1.ボレーポジションの基本
 2.ロブに対する対処法
 3.センターセオリー
 4.決めるボレーとつなぐボレー
 5.平行陣に対するレシーブ
 6.平行陣をロブで崩す
 7.サーブを打つ位置
 8.ファーストボレー
 9.サービスのコース
 10.リターンダッシュ
 11.ロビングで攻める
 12.平行陣の前衛の動き1
 13.平行陣の前衛の動き2
 14.ドロップボレー
 15.オーストラリアンフォーメーション
 16.アイフォーメーション
 17.ポーチの出方
 18.ポーチフェイク




メルマガ登録はコチラ


上手な引越しのコツ
子供英語教材
子連れ旅行ののコツ
HOMEテニストップ11.後ろ平行陣のポジション

 これまでは、両ペアともに雁行陣の時のポジショニングについてお話しました。
これまでお話したように原則として後衛がチャンスメーカー、前衛がポイントゲッターです。ところが、プロの試合などでもレシーブ側のペアが二人とも後ろに下がっているのを見かけると思います(後ろ平行陣)。これではポイントゲッターがいなくなってしまい不利になりそうですが、状況によって後ろ並行陣が有効なときがあります。
1. 相手のサーブが良いとき
2. 相手がポーチに出てくるとき
の2つが良い例でしょう。



相手のサーブがよくリターンが定まりにくいときには、期せずして前衛にリターンが返ってしまい前衛が的になりやすくなります。いいポジションにいればカバーできることも多いですが、相手のサーブが良くリターンの確率が悪いときにはたとえばファーストサーブだけでも後ろ平行陣にして対応することも有効です。
相手が頻繁にポーチに出てくるときにも、やはり前衛はポーチの的になりやすくなります。前衛がポーチの的になりポイントを取られてしまうときには後ろ平行陣にして的を絞らせないようにすることも対策のひとつです。
その他にも雁行陣でロブで抜かれたときやパートナーの後衛がロブをあげる展開では同様に後ろ平行陣に変えたほうが良いときがあります。
以前、前衛はパートナーが打つときには後ろに少し下がり、相手の後衛が打つときには前に出るのが基本というお話をしました(図11−1)。しかし、相手が後ろ平行陣の時には前衛が前後に動く必要はありません(図11−2)。前衛が少し後ろに下がる理由は相手前衛のポーチをカバーするためです。
 
テニスダブルス図1
   テニス用品特集!!
    秋の新作テニスバッグ特集!!   楽天で売れているウェアを見る
    楽天売れ筋ラケットランキング    売れ筋バッグランキング

相手が後ろにいるときには意外と決めにくいものです。
攻める方法としては
1.二人のストロークに力の差があるときには弱いほうを狙う
2.センターにボールを集めてサイドにオープンスペースをつくる
3.浅いボールで陣形をくずす。(特にボレーが弱い相手のとき)
といったところでしょうか。
特に2はセンターセオリーというダブルスの基本の考え方です(前回ストレートラリーの攻め方でお話しました)。
図11−3のようにセンターからの返球は角度がつけにくいことに加え、良いコースに行けば後衛二人ともセンターに集めることができます。こうなれば返球後にカバーできる範囲が狭まってサイドにオープンコートをつくることができます。 逆に図11−4のようにサイドからのショットは角度がつけやすいので、守りにくくなります。また、相手のカバーできる範囲も広く次に決められる可能性もそれほど高くありません。
 
テニスダブルス図2

 勝つためのテニスダブルス メルマガ登録中!!


 勝つためのテニスダブルス メルマガ登録中!!

人気WEBランキングスポーツ人気Webランキング
↑↑参考になったらクリックをお願いします

<PR>インターネットで受けられる『イメージでとらえる新しいテニスレッスン』


HOMEテニストップ11.後ろ平行陣のポジション
BACK  HOME  NEXT

■こんなに図解されても良く覚えられないという方はコチラ
 テニスダブルスの基本7つをおさえたDVD(新発売です)
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「7日間短期集中」通信講座
■この図解で理解できたという方はお手数ですがクリックご協力を!
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 人気WEBランキングスポーツ人気Webランキング