勝つテニスダブルス 上達のポジション、戦術と戦略(雁行陣編7)

   テニス用品特集!!
    秋の新作テニスバッグ特集!!   楽天で売れているウェアを見る
    楽天売れ筋ラケットランキング    売れ筋バッグランキング


【最大25%OFF】クリスマスギフト100選!
2006 年賀状ストア
テニス用品の選び方
テニスシューズの選び方 プロ使用のテニスラケット おすすめテニスウェア テニスボール その他のテニス用品
テニスコートの種類によりテニスシューズはかえなくてはいけません...テニスラケットの選び方のABC おすすめテニスウェアの紹介
涼しくテニスをしよう!
テニスボールあれこれ テニス肘や日焼け止めなどのおすすめグッズを紹介


テニストップ

テニス用品は
アートスポーツ

テニスショップアド

KPItennis

テニスマックス

tennis 24


テニス肘にはコレ!
GOSENひじ痛防止器具 A80 ドクターエルボー 

スポーツマンのためのメンタルタフネス
4484971038


テニス商品20,000点の品揃え!

テニス用品の選び方
 1.テニスシューズの選び方
 2.プロ使用のテニスラケット
 3.おすすめテニスウェア
 4.テニスボール
 5.その他のテニス用品(テニス肘等)
 6.おすすめテニスショップ

勝つテニスダブルス 上達のポジション、戦術と戦略
 テニスダブルス上達 雁行陣編 (楽天BlogのBack Numberです)
 1.前衛の左右の動き1
 2.前衛の左右の動き2
 3.前衛の前後の動き
 4.リターン側の前衛の動き
 5.リターンのコースとポジショニング
 6.サービスのコース
 7.ポーチに出よう
 8.ポーチのコースとポジショニング
 9.ロブに対するポジショニング
 10.ストレートラリーのポジション
 11.後ろ平行陣のポジション
 12.ストレートアタック

 テニスダブルス上達 平行陣編
 1.ボレーポジションの基本
 2.ロブに対する対処法
 3.センターセオリー
 4.決めるボレーとつなぐボレー
 5.平行陣に対するレシーブ
 6.平行陣をロブで崩す
 7.サーブを打つ位置
 8.ファーストボレー
 9.サービスのコース
 10.リターンダッシュ
 11.ロビングで攻める
 12.平行陣の前衛の動き1
 13.平行陣の前衛の動き2
 14.ドロップボレー
 15.オーストラリアンフォーメーション
 16.アイフォーメーション
 17.ポーチの出方
 18.ポーチフェイク




メルマガ登録はコチラ


上手な引越しのコツ
子供英語教材
子連れ旅行ののコツ
HOMEテニストップ7.ポーチに出よう

 これまで、雁行陣の動きの基本をお話してきました。その中で大きなポイントは前衛はポイントゲッターであるので、後衛に返球するということです。後衛の役割は前衛にチャンスボールが来るようにチャンスメーカーとなるということです。相手が少し上手であれば、後衛が相手の後衛にクロスに返球するだけでは、ミスらずにいくらでもボールが返ってくるでしょう。 これから数回は、自分または相手のフォーメーションを崩してポイントする方法をお話します。 はじめはポーチ(poach:横取り)です。 どのようなタイミングでポーチに出るのが有効かというと相手がクロスにストロークを打とうとしていて、もうコースを変えられないタイミングです。(相手の不意をつかなければなりません。) 一番簡単なタイミングはある程度勢いのあるサーブ(例えばファーストサーブ)が入ったときです。特にセンターにサーブが入るとリターンのコースはあまり角度をつけられませんのでポーチに出るチャンスになります。ただし、あまり良いコースにサーブが入ったときにはロブがあがる可能性が高くなりますので注意が必要です。

 基本中の基本ですが、前衛はポーチに出たらその場に残るのか、走り抜けて逆のサイドを守るかの判断をしなければなりません。後衛はその動きを見てその場に残るのか反対側に動いてカバーするのかを判断します。ポーチを打ったコースにもよるのですが、一歩二歩でポーチをした場合にはそのままの場所に残るのが懸命ですし(図7-1)、かなりがんばってまさに横取りした場合には走り抜けて逆側を守るようにします(図7-2)後衛はコレを見て逆サイドに動きカバーする必要があります。  ポーチに出た後のポジショニングはポーチを打った方向により変えなくてはならないのですが、コレについては次回お話しますのでお楽しみに!   テニスダブルス図1
今回はポジションだけでなく、すこし技術的な話しもしたいと思います。 右利きの人のフォアボレーの練習といえば、
 A. 右を向いた状態から左足を踏み込んで1拍子で決める。
 B. 前を向いた状態から右足を横に出し(1)、左足を踏み込んで(2)、2拍子で決める。
のどちらかが多いと思います。 よほどリーチが長ければこれでも事足りるかもしれませんが、多くの場合平均的な日本人では届く範囲に限界があります。ボレーが苦手な人の中にはこの癖が抜けずどんなボールも1歩や2歩で決めようとしている人がいると思います。 クロスに少し浮いて飛んできたボールに歩幅を合わせながら距離感をとり、4拍子で決める練習をするのがポーチの練習としては良いと思います。 すなわち、斜め前に右足(1)、左足(2)と二歩進んだ後、右足を斜め横に出し(3)、最後は左足を踏み込んで(4)4拍子で決めるという練習です。これは、今後のサーブ&ボレーやレシーブ&ボレーの時には必須の技術(?)です。

■こんなに図解されても良く覚えられないという方はコチラ
 テニスダブルスの基本7つをおさえたDVD(新発売です)
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
【テニスの無料動画レッスンサイトオープン】

■この図解で理解できたという方はお手数ですがクリックご協力を!
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 人気WEBランキングスポーツ人気Webランキング

 勝つためのテニスダブルス メルマガ登録中!!

<PR>インターネットで受けられる『イメージでとらえる新しいテニスレッスン』


HOMEテニストップ7.ポーチに出よう
BACK  HOME  NEXT



440839520X

4789920577

4051048071

4054020208

4054025188