勝つテニスダブルス 上達のポジション、戦術と戦略(雁行陣編8)

自動更新 234_60
【最大25%OFF】クリスマスギフト100選!
2006 年賀状ストア
テニス用品の選び方
テニスシューズの選び方 プロ使用のテニスラケット おすすめテニスウェア テニスボール その他のテニス用品
テニスコートの種類によりテニスシューズはかえなくてはいけません...テニスラケットの選び方のABC おすすめテニスウェアの紹介
涼しくテニスをしよう!
テニスボールあれこれ テニス肘や日焼け止めなどのおすすめグッズを紹介


テニストップ

テニス用品は
アートスポーツ

テニスショップアド

KPItennis

テニスマックス

tennis 24

テニス肘にはコレ!
GOSENひじ痛防止器具 A80 ドクターエルボー 

スポーツマンのためのメンタルタフネス
4484971038


テニス商品20,000点の品揃え!

テニス用品の選び方
 1.テニスシューズの選び方
 2.プロ使用のテニスラケット
 3.おすすめテニスウェア
 4.テニスボール
 5.その他のテニス用品(テニス肘等)
 6.おすすめテニスショップ

勝つテニスダブルス 上達のポジション、戦術と戦略
 テニスダブルス上達 雁行陣編 (楽天BlogのBack Numberです)
 1.前衛の左右の動き1
 2.前衛の左右の動き2
 3.前衛の前後の動き
 4.リターン側の前衛の動き
 5.リターンのコースとポジショニング
 6.サービスのコース
 7.ポーチに出よう
 8.ポーチのコースとポジショニング
 9.ロブに対するポジショニング
 10.ストレートラリーのポジション
 11.後ろ平行陣のポジション
 12.ストレートアタック

 テニスダブルス上達 平行陣編
 1.ボレーポジションの基本
 2.ロブに対する対処法
 3.センターセオリー
 4.決めるボレーとつなぐボレー
 5.平行陣に対するレシーブ
 6.平行陣をロブで崩す
 7.サーブを打つ位置
 8.ファーストボレー
 9.サービスのコース
 10.リターンダッシュ
 11.ロビングで攻める
 12.平行陣の前衛の動き1
 13.平行陣の前衛の動き2
 14.ドロップボレー
 15.オーストラリアンフォーメーション
 16.アイフォーメーション
 17.ポーチの出方
 18.ポーチフェイク




メルマガ登録はコチラ


上手な引越しのコツ
子供英語教材
子連れ旅行ののコツ

HOMEテニストップ8.ポーチのコースとポジショニング

 前回はクロスのラリーからポーチに出るタイミングとポジショニングの基本をお話ししました。今回はどこにポーチを打つか、そしてどこにポジショニングするかをお話します。 できる限り、ポーチは一発で決めたいものです。なぜならばポーチは自らの良いポジションを崩してボレーしにいくため、もし相手に返球されてしまうとピンチになりかねないからです。レシーブ側の前衛のポジショニングは既にお話しましたが、もし、相手がこのようなポジションをとっていなければポーチで決められるコースは多くなります。

 図8-1であなたがサーバー側の前衛(2)だとします。相手の前衛が(4)の位置に立っていれば、ポーチに反応するのは難しくなりますので前衛の正面にポーチすれば決まる可能性が高いでしょう(Cの方向)。相手の前衛が(5)の位置であれば、Cの方向では反応されて取られてしまう可能性があります。相手の前衛が(4)の位置でも(5)の位置でもBのコースはオープンスペースとして決まる可能性が高いコースです。また、相手の後衛(3)がセンターに戻る逆をついてAの方向で決まることもあります。
 相手の前衛が良いポジション(6の位置)にいるとき(図8-2)にはポーチが一発で決まるオープンスペースはDの逆クロスやEのアングルボレーですが、サイドアウトやネットの危険も高くなります。 ポーチの場合には自分たちのポジションを崩して攻めているためポーチしたボールが返球されたときにはピンチに陥りやすくなります。常にボールが戻ってくると思って次のポジショニングを考える必要があります。 Bのセンターの方向のポーチは相手の返球の角度がつけにくいため返球されても比較的守りやすいコースになります。AやCのコースにポーチした場合にはどの位置で(どのぐらい動いて)ポーチするかによって返球されたときに守りやすいポーチのコースが変わってきます。  
テニスダブルス図1
4054025188
テニス上達 勝てるダブルス
藤田 義仁

関連商品
テニス上達 勝てるシングルス
テニス勝利への戦術 シングルス編
現役発 ダブルス上達のツボ 実践編
試合に勝つテニス ダブルス超実戦テクニック
現役発 テニス上達 フィジカルケアのツボ
by G-Tools

 図8-3は逆クロス(Cのコース)にポーチし決まらずに相手の前衛(4)に返球された場合です。あまり動かずに(赤の2の位置で)ポーチした場合には点線のコースにオープンスペースができてしまい逆に決められてしまいます。大きく動いて(紺の2の位置で)ポーチした場合は比較的返球をカバーできることになります。
 図8-4は順クロス(Aのコース)にポーチし決まらずに相手の後衛(3)に追いつかれた場合です。あまり動かずに(赤の2の位置で)ポーチした場合には比較的次のボールの対処がしやすくなりますが、大きく動いて(紺の2の位置で)ポーチした場合にはストレートが空いてしまいます(点線のコース)。 よって、大きく動いてポーチする場合の順クロス、あまり動かずにポーチする場合の逆クロスはよほど厳しいコースに決まらない限り危険なコースとなります。  
テニスダブルス図1


 勝つためのテニスダブルス メルマガ登録中!!

テニス商品20,000点の品揃え!

<PR>インターネットで受けられる『イメージでとらえる新しいテニスレッスン』
日本全国のテニス愛好家へ!テニス上達なら「マイテニTV!」

HOMEテニストップ8.ポーチのコースとポジショニング

BACK  HOME  NEXT

■こんなに図解されても良く覚えられないという方はコチラ
 テニスダブルスの基本7つをおさえたDVD(新発売です)
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
テニス上達ならここ! たった30分でテニス上達する5つの教え

■この図解で理解できたという方はお手数ですがクリックご協力を!
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 人気WEBランキングスポーツ人気Webランキング

440839520X

4789920577

4051048071

4054020208

4054025188