勝つテニスダブルス 上達のポジション、戦術と戦略(雁行陣編4)

『テニス上達のためのシングルスのポジショニング』NEW
DVDによるテニスレッスン
NHK趣味悠々『沢松奈生子が贈るたのしいテニス』前後編2枚セット【DVD】送料無料! NHK趣味悠々『沢松奈生子が贈るたのしいテニス』
神尾米『これからテニス。』Vol.1
神尾米『いつでもテニス!サーブ&リターン編』
神尾米『いつでもテニス!スマッシュ&ボレー編』
Dr.西尾の「テニスクリニック」ストローク編
Dr.西尾の「テニスクリニック」ボレー編
田村伸也『THE GAME』2枚セット

テニス用品の選び方
テニスシューズの選び方 プロ使用のテニスラケット おすすめテニスウェア テニスボール その他のテニス用品
テニスコートの種類によりテニスシューズはかえなくてはいけません...テニスラケットの選び方のABC おすすめテニスウェアの紹介
涼しくテニスをしよう!
テニスボールあれこれ テニス肘や日焼け止めなどのおすすめグッズを紹介


テニストップ

テニス用品は
アートスポーツ

テニスショップアド

KPItennis

テニスマックス

tennis 24

テニス肘にはコレ!
GOSENひじ痛防止器具 A80 ドクターエルボー 

スポーツマンのためのメンタルタフネス
4484971038


テニス商品20,000点の品揃え!

テニス用品の選び方
 1.テニスシューズの選び方
 2.プロ使用のテニスラケット
 3.おすすめテニスウェア
 4.テニスボール
 5.その他のテニス用品(テニス肘等)
 6.おすすめテニスショップ

勝つテニスダブルスのポジション、戦術と戦略
 テニスダブルス上達 雁行陣編 (楽天BlogのBack Numberです)
 1.前衛の左右の動き1
 2.前衛の左右の動き2
 3.前衛の前後の動き
 4.リターン側の前衛の動き
 5.リターンのコースとポジショニング
 6.サービスのコース
 7.ポーチに出よう
 8.ポーチのコースとポジショニング
 9.ロブに対するポジショニング
 10.ストレートラリーのポジション
 11.後ろ平行陣のポジション
 12.ストレートアタック

 テニスダブルス上達 平行陣編
 1.ボレーポジションの基本
 2.ロブに対する対処法
 3.センターセオリー
 4.決めるボレーとつなぐボレー
 5.平行陣に対するレシーブ
 6.平行陣をロブで崩す
 7.サーブを打つ位置
 8.ファーストボレー
 9.サービスのコース
 10.リターンダッシュ
 11.ロビングで攻める
 12.平行陣の前衛の動き1
 13.平行陣の前衛の動き2
 14.ドロップボレー
 15.オーストラリアンフォーメーション
 16.アイフォーメーション
 17.ポーチの出方
 18.ポーチフェイク




メルマガ登録はコチラ


上手な引越しのコツ
子供英語教材
子連れ旅行ののコツ
HOMEテニストップ4.リターン側の雁行陣前衛の動き

 これまで3回はサービス側の前衛の動きをお話してきました。 今回はリターン側の前衛のポジショニングについてです。
図4-1であなたのパートナー(4)はリターン、あなたはその前衛です。相手(1)がサーブを打つときにあなたがいるべき場所はA・B・Cのどこでしょうか。あなたはどこにいますか。 この図はサイドにサーブが入ったときの図です。

  あなたのパートナー(4)が打ってよいリターンのコースはいくつかあるのですがこれについてはまたそのうちお話します。この中で、最もオーソドックスなのは相手の前衛(2)にとられないようなクロスのリターンです。しかしながら、相手のサービスが良かったり、あなたのパートナーのリターンがうまくいかなかったりすれば甘いコースにリターンがかえってしまうこともよくあるでしょう。 これは前回お話したサービス側の前衛(2の位置)が相手のリターンがクロスに返ってきたときにとるべき防御の位置と同じです。図ではCの位置になります。
ポイント:味方の後衛(4)がリターンを打つときは後方センターよりにポジションをとる。  
テニスダブルス図1
最も初級者はおそらくAに位置し、すこしテニスをやったことがある人は少し後ろにポジショニングすることを習っているのでBに位置するかもしれません。パートナーのリターンが甘くセンターに返ってしまったときには(図4-2)、Aの位置は最悪で相手の前衛(2)のポーチの的(黄色の点線)になってしまいます。Bは逆クロス(黄色の点線)をカバーできるのでまだましですが、この位置では相手の前衛(2)はセンターにボレー(黄色の実線)するだけで簡単に決められてしまいます。(センターが最もネットが低いことと角度をあまり変えないボレーのほうが簡単)。AやBの位置にいればセンターのボレーをカバーすることはできません。Cの位置にいればこれを返すことができる可能性が出てきます。 また、パートナーがストレートのリターンエースを狙ったとします(図4-3)。   テニスダブルス図2
 相手の前衛(2)が少し知識があれば1歩サイドに寄っているのでこれを(黄色の実線)の方向にボレーすることができます。この際もA・Bの位置では全くカバーすることができません。Cの位置にいればこれをカバーすることができます。相手の前衛(2)がさらに技術がある人があればショートクロスに(黄色の点線)ドロップボレーを決めてくるかもしれません。これは、ある程度予測をしないと取れないのですが、ボレーする際のラケット面から予測できれば、ドロップボレーは速度が速くないのでカバーすることができます。 「パートナーのリターンが悪い」で終わらせるか、パートナーのミスをカバーするかはあなたのポジショニングしだいなのです。

■こんなに図解されても良く覚えられないという方はコチラ
 テニスダブルスの基本7つをおさえたDVD(新発売です)
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「7日間短期集中」通信講座
■この図解で理解できたという方はお手数ですがクリックご協力を!
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 人気WEBランキングスポーツ人気Webランキング

 勝つためのテニスダブルス メルマガ登録中!!

<PR>インターネットで受けられる『イメージでとらえる新しいテニスレッスン』
「7日間短期集中」通信講座

HOMEテニストップ4.リターン側の雁行陣前衛の動き
BACK  HOME  NEXT