HIYOKOGUMI HOME     幼児英語子連れ旅行引越テニス上達サイパンハワイ東京ディズニーリゾート

勝つテニスダブルスのポジション、戦術と戦略(平行陣編12)

テニス基本の強化書―ビジュアルレッスン  メンタル強化バイブル  試合に勝つテニス ダブルス超実戦テクニック   マリア・シャラポワ 2006カレンダー マリア・シャラポワ 2006カレンダー
楽天最安 1600円!!

 サイズ:B2
 枚数:8枚
テニス用品の選び方
テニスシューズの選び方 プロ使用のテニスラケット おすすめテニスウェア テニスボール その他のテニス用品
テニスコートの種類によりテニスシューズはかえなくてはいけません...テニスラケットの選び方のABC おすすめテニスウェアの紹介
涼しくテニスをしよう!
テニスボールあれこれ テニス肘や日焼け止めなどのおすすめグッズを紹介


テニストップ

テニス用品は
アートスポーツ

テニスショップアド

KPItennis

テニスマックス

tennis 24

テニス肘にはコレ!
GOSENひじ痛防止器具 A80 ドクターエルボー 

スポーツマンのためのメンタルタフネス
4484971038


テニス商品20,000点の品揃え!

テニス用品の選び方
 1.テニスシューズの選び方
 2.プロ使用のテニスラケット
 3.おすすめテニスウェア
 4.テニスボール
 5.その他のテニス用品(テニス肘等)
 6.おすすめテニスショップ

勝つテニスダブルスのポジション、戦術と戦略
 雁行陣編 (楽天BlogのBack Numberです)
 1.前衛の左右の動き1
 2.前衛の左右の動き2
 3.前衛の前後の動き
 4.リターン側の前衛の動き
 5.リターンのコースとポジショニング
 6.サービスのコース
 7.ポーチに出よう
 8.ポーチのコースとポジショニング
 9.ロブに対するポジショニング
 10.ストレートラリーのポジション
 11.後ろ平行陣のポジション
 12.ストレートアタック

 平行陣編
 1.ボレーポジションの基本
 2.ロブに対する対処法
 3.センターセオリー
 4.決めるボレーとつなぐボレー
 5.平行陣に対するレシーブ
 6.平行陣をロブで崩す
 7.サーブを打つ位置
 8.ファーストボレー
 9.サービスのコース
 10.リターンダッシュ
 11.ロビングで攻める
 12.平行陣の前衛の動き1
 13.平行陣の前衛の動き2
 14.ドロップボレー




メルマガ登録はコチラ


上手な引越しのコツ
子供英語教材
子連れ旅行ののコツ
HOMEテニストップ12.平行陣の前衛の動き1


相手の雁行陣に対して平行陣で攻めている時を想定します。 図12-1のようにあなたが(2)の前衛の位置のときに、パートナー(1)のボレーが相手の後衛(4)のサイドライン付近に入ったとします。 このときあなた(2)はどのようにポジショニングしますか?

 これは雁行陣でも基本的な動きは同じですが、ストレートのパッシングショットをケアしてストレートに一歩寄るというのが基本です。(参考:雁行陣編1雁行陣編2
 サーブがサイドに入った場合も基本的には同じですが、良いサーブがサイドに入ったときは逆に1歩センターによるのもひとつの手だということもお話しました(参考:平行陣編9)。
 それでは図12-2のようにあなたが(2)の前衛の位置のときに、パートナー(1)のボレーが相手の後衛(4)のサービスライン付近に浅いチャンスボールになってしまったとします。相手の後衛(4)が打つときにあなたはどのようにポジショニングしますか。  
テニスダブルス図1

「7日間短期集中」通信講座
注目ウィンブルドン1974-84 DVD マッケンローVSボルグも!!

 よく初中級者のダブルスでは図12-3のように前衛がサービスライン付近まで下がってしまうケースを見かけます。相手がチャンスボールを打ってくるのでできるだけ反応できる時間を稼ごうと後ろに下がりたい気持ちは分かりますが、これでは相手の思うツボになってしまいます。 逆に(4)の立場からみれば、点線のコースにゆっくりでもコントロールして打てば決まる可能性も高いし、もしとられても相手はローボレーまたはハーフボレーになるので(4)が打った後にしっかりと前につめれば攻守逆転してかなり優勢に立つことができます。
 このような状況では(2)の前衛は下がるのではなくむしろ、一歩ネットにつめて相手にプレッシャーをかけるべきです(図12-4)。 ネットにつめることにより相手がストレートに打ってきてもラケットにさえ当てればネットする確率は低くなりますし、返球できれば相手よりもネットに近いため良いポジションを維持することができます。 ネットにつめてしまえばローボレーの可能性は非常に低くなりますのでブロックボレーの要領で面だけをしっかり合わせてとにかくラケットにあてるようにします。逆に(4)の立場だったとすると、相手の前衛(2)が下がらずにネットにつめてくれば、 返球はクロスに返球するか、ロブをあげて抜くかどちらかが無難な返球になります。  
テニスダブルス図2


 勝つためのテニスダブルス メルマガ登録中!!


■こんなに図解されても良く覚えられないという方はコチラ
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「7日間短期集中」通信講座
■この図解で理解できたという方はお手数ですがクリックご協力を!
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 人気WEBランキングスポーツ人気Webランキング

6日で完結する無料メルマガ20000人以上が購読!

第1日目のウソ:「ストロークでは一歩前に踏み込んでボールを打ちましょう。」
第2日目のウソ:「ストロークでボールを打つときに、飛び上がってスイングしてはいけません。地面に両足をつけたままスイングしましょう。」
第3日目のウソ:「良いショットを打ちたければ、スイングに入る前に必ず足をとめ、上体を真っすぐ起こして、体のバランスがとれた体勢をつくらなければならない。」
第4日目のウソ:「ローボレーではしっかりひざを曲げて腰をおとして、手首とラケットの角度を90度に保ちましょう。」
第5日目のウソ:「初心者はトッププロの試合を見ても上達しないので意味がない。」
第6日目のウソ:「バックハンドで打ち終わった後に、体を後ろへ反らしてはいけません。」

まだ購読していない人で興味のある人はこちらから!無料です。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「7日間短期集中」通信講座

HOMEテニストップ12.平行陣の前衛の動き1
BACK  HOME  NEXT