勝つテニスダブルスのポジション、戦術と戦略(雁行陣編12)

これからテニス。 Vol.1[DVD] (1)   いつでもテニス! Vol.2 サーブ&リターン編[DVD] (2)   いつでもテニス! Vol.3 スマッシュ&ボレー編[DVD] (3) これからテニス。 Vol.1[DVD] (1)

いつでもテニス! Vol.2 サーブ&リターン編[DVD] (2)

いつでもテニス! Vol.3 スマッシュ&ボレー編[DVD] (3)
テニス用品の選び方
テニスシューズの選び方 プロ使用のテニスラケット おすすめテニスウェア テニスボール その他のテニス用品
テニスコートの種類によりテニスシューズはかえなくてはいけません...テニスラケットの選び方のABC おすすめテニスウェアの紹介
涼しくテニスをしよう!
テニスボールあれこれ テニス肘や日焼け止めなどのおすすめグッズを紹介


テニストップ

テニス用品は
アートスポーツ

テニスショップアド

KPItennis

テニスマックス

tennis 24

テニス肘にはコレ!
GOSENひじ痛防止器具 A80 ドクターエルボー 

スポーツマンのためのメンタルタフネス
4484971038


テニス商品20,000点の品揃え!

テニス用品の選び方
 1.テニスシューズの選び方
 2.プロ使用のテニスラケット
 3.おすすめテニスウェア
 4.テニスボール
 5.その他のテニス用品(テニス肘等)
 6.おすすめテニスショップ

勝つテニスダブルスのポジション、戦術と戦略
 雁行陣編 (楽天BlogのBack Numberです)
 1.前衛の左右の動き1
 2.前衛の左右の動き2
 3.前衛の前後の動き
 4.リターン側の前衛の動き
 5.リターンのコースとポジショニング
 6.サービスのコース
 7.ポーチに出よう
 8.ポーチのコースとポジショニング
 9.ロブに対するポジショニング
 10.ストレートラリーのポジション
 11.後ろ平行陣のポジション
 12.ストレートアタック

 平行陣編
 1.ボレーポジションの基本
 2.ロブに対する対処法
 3.センターセオリー
 4.決めるボレーとつなぐボレー
 5.平行陣に対するレシーブ
 6.平行陣をロブで崩す
 7.サーブを打つ位置
 8.ファーストボレー
 9.サービスのコース
 10.リターンダッシュ
 11.ロビングで攻める
 12.平行陣の前衛の動き1
 13.平行陣の前衛の動き2
 14.ドロップボレー




メルマガ登録はコチラ


上手な引越しのコツ
子供英語教材
子連れ旅行ののコツ
HOMEテニストップ12.ストレートアタック

 今回は初級編の最終回です。
 これまで何度もお話してきたように、後衛はチャンスメーカー前衛はポイントゲッターなので、決めることができないボールは後衛側に返球するのがダブルス戦術の基本です。しかし、ときにプロの試合などでもストレートに前衛に向かってボールを打つシーンを見かけます。 どのようなときに打つと有効でしょうか。

 1.ポーチに出てくる相手
 2.セカンドサーブなどで浅いチャンスボールがきたとき

などです。
1のポーチに良く出てくる相手に対しては前回、前衛が下がり後ろ平行陣になるのがひとつの対策だというお話をしましたが、特にサイドにきたボールなどではストレートに返球することでポーチをけん制することは有効です(状況によってはストレートロブも有効)。逆にストレートに打ってこないと分かれば相手はポーチに非常に出やすくなります。
しかしながら、相手の前衛が少し上手であれば相手のチャンスボールになってしまうことはこれまでお話してきたとおりです。また、ストレートはネットが高く、距離もクロスより短いので、ネットもアウトもしやすいのでミスの確率も高くなります。相手がポーチに動くのをみてからストレートに打つときは決まる確率も高くなりますが、相手の動きにかかわらずストレートに『決め打ち』で打つときには常に相手の返球を考えなければいけません。


 ストレートアタックに対する返球はいろいろなコースが考えられますが、打った後は以下のようなコースは想定する必要があります。 Aオープンになるセンター B逆をつくストレート Cドロップボレー A・Bにかんしては相手のボレーの面を予測して後衛(4)が追いかけるしかありません(図12−1)。サイドからストレートに打った後にはセンターに戻りますが、スプリットステップを踏まなければBの方向に逆をつかれたら取れません。 特にポジショニングで気をつける必要があるのはCのドロップショットです。これも想定していないとなかなか取れません。後衛の反応がよければ取れる場合もありますが、図12−2を見れば一目瞭然の通り点線で囲った丸のエリアには4の後衛の位置からよりも3の前衛の位置からのほうが近いのです。図12−2のように前衛がカバーし、後衛は反対側のコートをカバーするというのがひとつの方法です。ドロップショットを決められた場合には前衛の責任でもあります。   テニスダブルス図1



 勝つためのテニスダブルス メルマガ登録中!!


 勝つためのテニスダブルス メルマガ登録中!!

人気WEBランキングスポーツ人気Webランキング
↑↑参考になったらクリックをお願いします

<PR>インターネットで受けられる『イメージでとらえる新しいテニスレッスン』


HOMEテニストップ12.ストレートアタック
BACK  HOME  NEXT

■こんなに図解されても良く覚えられないという方はコチラ
 テニスダブルスの基本7つをおさえたDVD(新発売です)
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「7日間短期集中」通信講座
■この図解で理解できたという方はお手数ですがクリックご協力を!
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 人気WEBランキングスポーツ人気Webランキング