HIYOKOGUMI HOME     幼児英語子連れ旅行引越テニス上達サイパンハワイ東京ディズニーリゾート

勝つテニスダブルスのポジション、戦術と戦略(平行陣編11)

テニス基本の強化書―ビジュアルレッスン  メンタル強化バイブル  試合に勝つテニス ダブルス超実戦テクニック ダブルス上達BOOK Vol.1 基本編 (1)   マリア・シャラポワ 2006カレンダー マリア・シャラポワ 2006カレンダー
楽天最安 1600円!!

 サイズ:B2
 枚数:8枚
テニス用品の選び方
テニスシューズの選び方 プロ使用のテニスラケット おすすめテニスウェア テニスボール その他のテニス用品
テニスコートの種類によりテニスシューズはかえなくてはいけません...テニスラケットの選び方のABC おすすめテニスウェアの紹介
涼しくテニスをしよう!
テニスボールあれこれ テニス肘や日焼け止めなどのおすすめグッズを紹介


テニストップ

テニス用品は
アートスポーツ

テニスショップアド

KPItennis

テニスマックス

tennis 24

テニス肘にはコレ!
GOSENひじ痛防止器具 A80 ドクターエルボー 

スポーツマンのためのメンタルタフネス
4484971038


テニス商品20,000点の品揃え!

テニス用品の選び方
 1.テニスシューズの選び方
 2.プロ使用のテニスラケット
 3.おすすめテニスウェア
 4.テニスボール
 5.その他のテニス用品(テニス肘等)
 6.おすすめテニスショップ

勝つテニスダブルスのポジション、戦術と戦略
 雁行陣編 (楽天BlogのBack Numberです)
 1.前衛の左右の動き1
 2.前衛の左右の動き2
 3.前衛の前後の動き
 4.リターン側の前衛の動き
 5.リターンのコースとポジショニング
 6.サービスのコース
 7.ポーチに出よう
 8.ポーチのコースとポジショニング
 9.ロブに対するポジショニング
 10.ストレートラリーのポジション
 11.後ろ平行陣のポジション
 12.ストレートアタック

 平行陣編
 1.ボレーポジションの基本
 2.ロブに対する対処法
 3.センターセオリー
 4.決めるボレーとつなぐボレー
 5.平行陣に対するレシーブ
 6.平行陣をロブで崩す
 7.サーブを打つ位置
 8.ファーストボレー
 9.サービスのコース
 10.リターンダッシュ
 11.ロビングで攻める
 12.平行陣の前衛の動き1
 13.平行陣の前衛の動き2
 14.ドロップボレー
 15.オーストラリアンフォーメーション
 16.アイフォーメーション
 17.ポーチの出方




メルマガ登録はコチラ


上手な引越しのコツ
子供英語教材
子連れ旅行ののコツ
HOMEテニストップ11.ロビングで攻める

 ロブのあげ方については何回かお話して来ました。抜くためのロブは相手に予測させずに打つ必要があることもおはなししました。 (参照: 雁行陣編9.ロブに対するポジショニング、 2.平行陣におけるロブに対する対処法、 6.平行陣をロブで崩す) 

積極的にロビングを打った方がよい相手のフォーメーションを考えてみます。 平行陣であっても一人(原則はクロス側)が少し後ろに構えてロブに対処できるようにしておくのが平行陣の基本的なポジションというお話をしました(参照VOL1)。 初級者であればこの基本を知らずに二人ともがサービスラインとネットとの中間ぐらいにポジションを取ることもあるでしょう。中上級者ではこの原則は知っていても相手との駆引きで二人がネットにつめて二人ともが攻撃的なポジションを取ることがあります(図11-1)。 もし、打つ前に二人がつめてくることが分かれば積極的にロブを打つのが良い戦術です。 このような状況ではクロスでもストレートでもロブは有効になりますが、クロスロブは特に前につめてくる動きの逆を突いてロブでエースを取るチャンスになります。
 もうひとつ積極的にロブを打つと決まる相手のフォーメーションは平行陣編1でお話した何らかの状況で相手が『逆陣形』(クロス側が前でストレート側が後ろのフォーメーション)になっている場合です。この場合にはクロスロブが非常に有効になります(図11-2)。 そのほかには相手のボレーが甘くなって返ってきたときもロブでエースを取れるチャンスになります。 相手は甘くなった球をあなたが速い球で返球すると予測することが多いので、いつもに増して腰を落として構えるでしょう。そこで、ストロークを打つと見せかけて、しっかり構えて、できるだけストロークと同じテークバックからロブをあげることで相手の動きを封じることができるでしょう。  
テニスダブルス図1

「7日間短期集中」通信講座
注目ウィンブルドン1974-84 DVD マッケンローVSボルグも!!

もし、あなたがクロスのアングルショットを打つことができれば、是非ストレートのロブとのコンビネーションを覚えるべきです(図11-3)。 何回かアングルショットを打つことで(1)をクロスに張り付かせておいて、ストレートにロブを打つことでロブが抜ければ追いかける人がいなくなりエースを取れる可能性が高くなります。
 相手が雁行陣の場合にはネットにつめる方法としてクロスの中ロブを有効に使うと良いでしょう。中ロブをあげれば相手も中ロブをあげてロブ合戦になることが多いでしょう。自分が中ロブをあげた後、少し間を置いて相手に悟られないようにサービスラインぐらいまでつめてロブをカットして平行陣を取ります(図11-4)。 相手から見れば、あなたが前に出てくるときは足元に浅い返球をしないといけないし、ベースラインにとどまっているときには深いロブを打たなくてはいけないので分かっていてもかなりのプレッシャーになるはずです。    
テニスダブルス図2
 今回のように積極的なロブではなく、消極的なロブしかあげられない状況も実際にはあります。 当たり前ですが、消極的なロブをあげれば多くの場合スマッシュが返ってきますので、二人でスマッシュに対応する体制をとって構える必要があります。速いスマッシュはある程度予測していないと取れないでしょう。相手の体の向きやラケット面から打つ方向を予測する必要があります。
 余裕があればスマッシュをロブではなくストロークで返すように試みるべきです。 スマッシュを打った直後は体制がくずれているのでスマッシュを打った相手側にストロークで返球できれば形勢逆転の可能性もあります。スマッシュをストロークで返球する際にはリターンをするときのようにコンパクトなスウィングでボレーのようにブロックするようにするだけでかなり速い球が返球できるでしょう。

 勝つためのテニスダブルス メルマガ登録中!!


■こんなに図解されても良く覚えられないという方はコチラ
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「7日間短期集中」通信講座
■この図解で理解できたという方はお手数ですがクリックご協力を!
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 人気WEBランキングスポーツ人気Webランキング

6日で完結する無料メルマガ20000人以上が購読!

第1日目のウソ:「ストロークでは一歩前に踏み込んでボールを打ちましょう。」
第2日目のウソ:「ストロークでボールを打つときに、飛び上がってスイングしてはいけません。地面に両足をつけたままスイングしましょう。」
第3日目のウソ:「良いショットを打ちたければ、スイングに入る前に必ず足をとめ、上体を真っすぐ起こして、体のバランスがとれた体勢をつくらなければならない。」
第4日目のウソ:「ローボレーではしっかりひざを曲げて腰をおとして、手首とラケットの角度を90度に保ちましょう。」
第5日目のウソ:「初心者はトッププロの試合を見ても上達しないので意味がない。」
第6日目のウソ:「バックハンドで打ち終わった後に、体を後ろへ反らしてはいけません。」

まだ購読していない人で興味のある人はこちらから!無料です。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「7日間短期集中」通信講座

HOMEテニストップ11.ロビングで攻める
BACK  HOME  NEXT