勝つテニスダブルス 上達のポジション、戦術と戦略(雁行陣編3)

4054025188
テニス上達 勝てるダブルス
藤田 義仁

関連商品
テニス上達 勝てるシングルス
テニス勝利への戦術 シングルス編
現役発 ダブルス上達のツボ 実践編
試合に勝つテニス ダブルス超実戦テクニック
現役発 テニス上達 フィジカルケアのツボ
by G-Tools

テニス用品の選び方
テニスシューズの選び方 プロ使用のテニスラケット おすすめテニスウェア テニスボール その他のテニス用品
テニスコートの種類によりテニスシューズはかえなくてはいけません...テニスラケットの選び方のABC おすすめテニスウェアの紹介
涼しくテニスをしよう!
テニスボールあれこれ テニス肘や日焼け止めなどのおすすめグッズを紹介


テニストップ

テニス用品は
アートスポーツ

テニスショップアド

KPItennis

テニスマックス

tennis 24


テニス肘にはコレ!
GOSENひじ痛防止器具 A80 ドクターエルボー 

スポーツマンのためのメンタルタフネス
4484971038


テニス商品20,000点の品揃え!

テニス用品の選び方
 1.テニスシューズの選び方
 2.プロ使用のテニスラケット
 3.おすすめテニスウェア
 4.テニスボール
 5.その他のテニス用品(テニス肘等)
 6.おすすめテニスショップ

勝つテニスダブルスのポジション、戦術と戦略
 テニスダブルス上達 雁行陣編 (楽天BlogのBack Numberです)
 1.前衛の左右の動き1
 2.前衛の左右の動き2
 3.前衛の前後の動き
 4.リターン側の前衛の動き
 5.リターンのコースとポジショニング
 6.サービスのコース
 7.ポーチに出よう
 8.ポーチのコースとポジショニング
 9.ロブに対するポジショニング
 10.ストレートラリーのポジション
 11.後ろ平行陣のポジション
 12.ストレートアタック

 テニスダブルス上達 平行陣編
 1.ボレーポジションの基本
 2.ロブに対する対処法
 3.センターセオリー
 4.決めるボレーとつなぐボレー
 5.平行陣に対するレシーブ
 6.平行陣をロブで崩す
 7.サーブを打つ位置
 8.ファーストボレー
 9.サービスのコース
 10.リターンダッシュ
 11.ロビングで攻める
 12.平行陣の前衛の動き1
 13.平行陣の前衛の動き2
 14.ドロップボレー
 15.オーストラリアンフォーメーション
 16.アイフォーメーション
 17.ポーチの出方
 18.ポーチフェイク




メルマガ登録はコチラ


上手な引越しのコツ
子供英語教材
子連れ旅行ののコツ
HOMEテニストップ3.雁行陣前衛の前後の動き

 前回は雁行陣前衛の左右の動きをお話しましたが、今回は前後の動きです。
前回同様、あなたのパートナーがサーバーで、あなたが前衛(2の位置)にいるときの前後の動きの基本です。相手がリターンを打つときにはサービスボックスのほぼ真ん中にポジションをとります。 基本的に後衛はつないでチャンスを作り、前衛がチャンスボールを決める役割となります。(この基本は平行陣になっても同じです) ネットにつめればつめるほど、ネットしにくくなりますし、チャンスボールを決めるのが簡単になります。しかし、あまりネットにつめすぎると頭上をロブで抜かれやすくなります。
 それでは相手(4)がリターンを定石どおりクロスにリターンしてあなたのパートナー(1)がベースラインからストロークを打ち返すときにはあなた(2)はどうしたらよいでしょうか?

 このシリーズはポジショニングについてなので、そのままの位置という答えはほとんどないわけです(実際には初級者では前衛がそのままの位置にへばりついていることも多いと思います)。図3-1、3-2はそのままの位置に前衛がとどまったときの図です。相手の前衛(3)が少しダブルスの動きについて知識があれば、4からのリターンがクロスに定石通りかえり、1がネットダッシュせずに雁行陣でとどまっていればサービスボックスの真ん中あたりに位置しボレーで決めるポジションに出てくるはずです。あなたのパートナーの返球があまくなれば、すかさずポーチをしてくるでしょう。 そうなればそのままの位置ではあなたはポーチの的となってしまい、よほど反射神経が良くなければボールをぶつけられてしまいます(図3-1)。 また、パートナーがストレートに返球すれば(3の人が正しいポジショニングの時には打ってはいけないコースであるが)簡単に決められてしまいます(図3-2)
ポイント:味方の後衛(1)が打つときは後ろ、敵の後衛(4)が打つときには前に動く。  
テニスダブルス図1
   テニス用品特集!!
    秋の新作テニスバッグ特集!!   楽天で売れているウェアを見る
    楽天売れ筋ラケットランキング    売れ筋バッグランキング

 図3-3,3-4のように防御のポジションに一歩センター後ろよりに戻ることで、先ほどのようにパートナーの返球が甘くなってしまってもポーチに反応できる可能性が高くなります(図3-3)
 また、間違ってストレートに返球してもセンターへのボレーはあなたのカバー範囲にすることができます(図3-4)
 このように防御ポジションに戻ることで、パートナー(1)の返球があまりにもゆっくりなチャンスボールであれば別ですが、ある程度の勢いがあれば、たとえ返球のコースが良くなかったとしてもカバーできる可能性が高くなるのです。  
テニスダブルス図2

■こんなに図解されても良く覚えられないという方はコチラ
 テニスダブルスの基本7つをおさえたDVD(新発売です)
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「7日間短期集中」通信講座
■この図解で理解できたという方はお手数ですがクリックご協力を!
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 人気WEBランキングスポーツ人気Webランキング

 勝つためのテニスダブルス メルマガ登録中!!

<PR>インターネットで受けられる『イメージでとらえる新しいテニスレッスン』
「7日間短期集中」通信講座

HOMEテニストップ3.雁行陣前衛の前後の動き
BACK  HOME  NEXT