HIYOKOGUMI HOME     幼児英語子連れ旅行引越テニス上達サイパンハワイ東京ディズニーリゾート
USMLE受験攻略Navi 本文へジャンプ

 

アメリカ医師国家試験USMLE攻略のコツとポイント(STEP1全般編)




ブログでもUSMLEに役立つ参考書を紹介しています。のぞいてみてください。
USMLEにも役立つ医学生やレジデントのための教科書・参考書ナビ、医学書ガイド
USMLEにも役立つ医学英語の覚えかた

Kaplan Test Prep and Admissions (Kaptest.com)
www.kaptest.comusmle
USMLE受験の3カ月前の仕上げには多くの人がKaplan Q-Bank 3カ月版でオンライン問題を使っています。 また、USMLEの勉強しはじめにはKaplan Q-Bank 1カ月版が有用です

USMLE Step1の試験時間と形式

USMLEのSTEP1は基礎医学中心に約350問の選択肢式の問題が出題される。
1つのセッションは60分で7つのセッションにわかれている。
つまり60分で約50問なので1問あたりにかけられる時間は1分強ということになる。

USMLE Step1を受けるのなら誰がなんと言ってもMUST BUYの本

First Aid for the USMLE Step 1 2016  誰もが持っているアンチョコ本
USMLE Step 1 Qbook (USMLE Prep)  受験者のほとんどがこなす問題集
Step-Up to USMLE Step 1 2015  First Aidよりボリュームが少ないのでまず取り掛かるには良い参考書
イヤーノート 2017: 内科・外科編  持っていなければ必須です。


ドル安のためアメリカのアマゾンで購入した方が安い場合があります。
First Aid for the USMLE Step 1 2009をアメリカのamazonでみる

USMLE Step1の試験科目

USMLE STEP1は基礎医学中心であるが、公式ホームページにはさらに以下のように科目が記載されている。
1つのセッションは60分で7つのセッションにわかれている。 それぞれの対策詳細や参考書・問題集は以下を参照していただきたい。

 anatomy(解剖学)
 behavioral sciences(行動科学)
 biochemistry(生化学)
 microbiology(細菌学)
 pathology(病理学)
 pharmacology(薬理学)
 physiology(生理学)
 interdisciplinary topics, such as nutrition, genetics, and aging.
(栄養学、遺伝学、加齢などの総合的なトピック)

となっている。

USMLEを受けようと思って途中で挫折してしまう人のパターンとして多いのはまず解剖学をやろうとすることだ。 時間があって最高得点を取りたいのであればそれも構わないが、ただ闇雲に解剖を丸暗記しようとしても無理であるし得点アップにはつながらない。
また、それぞれの科目ごとの勉強よりも臓器別にする方が効率よく覚えられる。たとえば循環器ならば生理学と病理学、薬理学はそれぞれ関連しているし、細菌学と抗生物質の薬理学は同時に学ぶべきだ。


先述の解剖学について言えば臨床的な事項に基づいた問題が出されることが多い。 たとえば『房室結節は何動脈に栄養されるか』といった問題は臨床医であれば難しくはない。 これは右冠動脈梗塞の結果として伝導経路が障害され房室ブロックが起こることが臨床的には良く見られることに基づく出題ということになる。 このように、STEP1の問題は基礎とはいえ臨床的なバックグランドのある問題なのだ。 話がそれたがSTEP1の勉強をするならば解剖学は最後ということになる。 First Aidは重要です。


First Aid for the USMLE Step 1 2007(USMLE Step1用参考書)

First Aid for the USMLE Step 1, 2009 (First Aid for the Usmle Step 1) First Aid for the USMLE Step 1, 2009 (First Aid for the Usmle Step 1)
 誰もが持っているアンチョコ本
First Aidシリーズは今でも必須といえるが、その量が多くなりすぎているのが難点だがUSMLEを受けるのであればまず買う必要がある。

Step-up to USMLE Step 1

078178090X
Step-up to USMLE Step 1 

First-Aidの肥大化が難点になってきているがこのStep-upシリーズは要点に絞りコンパクトになっている点が良い。
これだけでは足りないが、まず取っ掛かりに使用するには非常に良い。

Kaplan USMLE Step 1 Qbook

Kaplan USMLE Step 1 Qbook (Kaplan Medical) Kaplan USMLE Step 1 Qbook (Kaplan Medical)
受験者のほとんどがこなしている問題集


Blueprints: Step 1 : Q & A

140510323X
Blueprints: Step 1 : Q & A (Blueprints)
Michael S., M.D. Clement
Blueprintsシリーズの問題集。

year note

イヤーノート 内科・外科等編 2009年版 第18版 (2009) イヤーノート 内科・外科等編 2009年版 第18版 (2009)

日本の国家試験でも必須のYear Noteです。

AMAZONで詳しく見る Year note 楽天でみる