雁行陣1 前衛の左右の動きーインターネットテニススクール

インターネットテニススクール

テニスメルマガ読者登録フォーム
メールアドレスを入力しボタンを押して登録
『テニスダブルスの戦術と戦略・応用編』
 メルマガサンプルはコチラ!

登録フォーム

テニスの戦術・戦略とポジショニングを図解!その他テニス情報満載.

『初心者の勝つテニスダブルスのポジション、戦術と戦略』
メルマガサンプルはコチラ!

登録フォーム 
まぐまぐ
『まぐまぐ!』から発行しています。

日本最大級のテニス動画レッスンサイトです。
日比谷花壇 フラワーギフト 敬老の日

| HOME | テニスの戦術と戦略 雁行陣 | 雁行陣1 |

更新日 2010-09-12 | 作成日 2008-02-21

1.雁行陣前衛の左右の動き1 - テニスダブルスの戦術と戦略


テニスのシングルスでは技術が上の人になかなか勝てませんが、ダブルスではポジショニングの基本や戦術・戦略を知っているかどうかで上達が可能で少し技術が上の人に頭で勝つことができます。(技術がかなり上の人には勝てませんが…)私は中学のときからテニスを始めたのでテニス歴だけは立派で20年を超えます。(自分でもびっくりですが)。 30代になってからはダブルスをする機会が増えシングルスはほとんど機会がなくなりました。もともと自称ダブルスプレーヤーだったのでへたくそなシングルスを見せずにすんでいます。ダブルスで勝った人にもシングルスでは負ける自信があります(変な自慢)。このシリーズではダブルスの動きの基本(上達のノウハウ)を紹介していきたいと思います。もう既にサーブ&ボレーをしている方は流しながら読んで、平行陣編をご覧ください。



fig1_1.gif しばらくはパートナーがサービスであなたが前衛のときの動きについてです。私はサーブが好きという人もいるかもしれませんが、もう少しお待ちください。ちなみに雁行陣ではサーバーのパートナーがポイントゲッター(決め役)になります。
 あなたがサービス側の前衛(②の位置)にいるときの動きの基本です。パートナーがサービスを打つ前は通常水色のボックスの真ん中あたりにポジショニングします。パートナーがサイドにサーブを打ったときにあなたはどうしますか?

レシーバーが返球可能な角度はおおよそ図のようになります。
太い紺の矢印はあなた(前衛)が守ることができる範囲です(人によってこの広さは違いますが)。そして三角形が敵の後衛が打つことのできる角度です。 図1-1はセンターにサーブが入ったときのリターンの角度、図1-2がサイドにサーブが入ったときのリターンの角度です。今回はこの図1-2のパターンです。
ポイント:パートナーがサイドにサーブを打ったら、前衛は一歩サイドによることが重要です。

テニス上達のために!

fig1_2.gif全く前衛が動かなければ少し上手なレシーバーであればストレート(点線)にリターンエースを狙ってきます(図1-3)。ですから、一歩サイドによって「ストレートケア」する必要があるのです(図1-4)。 ちなみに、上級者では前衛(②)がわざとサイドに一歩よらずにストレートのリターンを打たせて(誘って)、打った直後に一歩サイドによりボレーでしとめるといったことをする場合があります。このような駆け引きは相手も基本の動きが分かっていないと意味がありませんし、初級者にはお勧めしません。次回は相手がセンターにサーブを打った場合の前衛の動きです。

用語
平行陣:二人ともが後ろ(ストロークする場所)または、二人ともが前(ボレーする場所)にいるフォーメーション
雁行陣:一人が前、もう一人が後ろにいるフォーメーション

6日で完結する無料テニスメルマガ。20000人以上が購読!

第1日目のウソ:「ストロークでは一歩前に踏み込んでボールを打ちましょう。」
第2日目のウソ:「ストロークでボールを打つときに、飛び上がってスイングしてはいけません。地面に両足をつけたままスイングしましょう。」
第3日目のウソ:「良いショットを打ちたければ、スイングに入る前に必ず足をとめ、上体を真っすぐ起こして、体のバランスがとれた体勢をつくらなければならない。」
第4日目のウソ:「ローボレーではしっかりひざを曲げて腰をおとして、手首とラケットの角度を90度に保ちましょう。」
第5日目のウソ:「初心者はトッププロの試合を見ても上達しないので意味がない。」
第6日目のウソ:「バックハンドで打ち終わった後に、体を後ろへ反らしてはいけません。」

まだ購読していない人で興味のある人はこちらから!無料です。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓