HIYOKOGUMI HOME     幼児英語子連れ旅行引越テニス上達サイパンハワイ東京ディズニーリゾート

テニス上達 ミックスダブルスにも役立つ戦法・戦術(実践編3)

テニストップ

テニス用品は
Pandahouse
おしゃれなウェアあります

アートスポーツ

テニスショップアド

KPItennis

テニスマックス

tennis 24

テニス肘にはコレ!
GOSENひじ痛防止器具 A80 ドクターエルボー 

スポーツマンのためのメンタル・タフネス

スポーツマンのためのメンタル・タフネス



テニス商品20,000点の品揃え!

テニス用品の選び方
 1.テニスシューズの選び方
 2.プロ使用のテニスラケット
 3.おすすめテニスウェア
 4.テニスボール
 5.その他のテニス用品(テニス肘等)
 6.おすすめテニスショップ
幼児用英語教材

子供英語教材ランキング
子供英語教材DVD
子供英語教材BOOK
子供英語教材VIDEO
トーキングカード
その他の子供英語教材
ディズニー英語システム中古販売紹介
こどもちゃれんじbabyバナー2
上手な引越しのコツ
子連れ旅行のコツ
子供英語教材
テニストップ
3. 左利きに対するロブ
試合前の練習の段階で相手の不得意なショット(たとえばバックボレーやバックハンドストロークなど)を確認しておくことで試合を有利に持っていくことができます。 多くの人で共通している不得意なショットはハイバックボレーです。 ごくまれに得意な人がいますが、それでも通常はスマッシュほどの威力はありません。
そこで、ロブをあげるときにはできるだけ相手のバックハンド側にあげるのが鉄則です。 相手が右利きであれば、たとえばデュースコートのサイドからストレートにロブをあげると必ず相手のバックハンド側になり有効なショットになります。 しかし、相手の一人が左利きである場合には相手のポジションによってセンターが相手のバックハンドになる場合(図3-1)とサイドが相手のバックハンドになる場合(図3-2)があります。 少し考えれば当たり前のことなのですが、いざロブをあげる時にとっさに考えようと思っても難しいことが多いのです。 特に相手がサービスの時にはポイントごとにサイドチェンジしますのでそのポイントごとに左利きがどちらにいて、どこにロブをあげればハイバックボレーを打たせることができるのかをポイントごとに確認してプレーに入ると良いでしょう。 そうでないとロブをいざあげるときに、ついいつもの癖で相手のバック側にロブをあげたつもりが左利きのスマッシュの餌食になってしまうでしょう。

  テニスダブルス上達図1
6日で完結する無料メルマガの紹介
私も購読してみましたが、なかなか為になります。
第1日目のウソ:「ストロークでは一歩前に踏み込んでボールを打ちましょう。」
第2日目のウソ:「ストロークでボールを打つときに、飛び上がってスイングしてはいけません。地面に両足をつけたままスイングしましょう。」
第3日目のウソ:「良いショットを打ちたければ、スイングに入る前に必ず足をとめ、上体を真っすぐ起こして、体のバランスがとれた体勢をつくらなければならない。」
第4日目のウソ:「ローボレーではしっかりひざを曲げて腰をおとして、手首とラケットの角度を90度に保ちましょう。」
第5日目のウソ:「初心者はトッププロの試合を見ても上達しないので意味がない。」
第6日目のウソ:「バックハンドで打ち終わった後に、体を後ろへ反らしてはいけません。」
20000人も購読しているようですし、このメルマガでも紹介していたので、既に読んだ人もいるかもしれませんが、
まだ購読していない人で興味のある人はこちらから!無料です。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
   インターネットテニススクール
6日間の無料オンラインレッスン開講中!
ご登録はこちら
 

440839520X

4789920577

4051048071

4054020208

4054025188

4408395390

4484971038

ボロテリーのテニスコーチング

新インナーゲーム―心で勝つ!集中の科学