テニスカレンダー2021はこちらから

 

勝つためのテニスの戦術・ステイホーム時代の無料オンラインテニスレッスン

勝つためのテニス戦術、ポジショニング(位置)に関する無料レッスンのサイトです。明日からのテニスの練習に生かすことができます。例えば初級者・女子ダブルス向けには12の雁行陣パターンを紹介、中級者向けには18の平行陣パターンを紹介しています。また、シングルスのパターンも紹介しています。

この無料30パターンでは物足りない。もっと本格的にダブルスを学びたい人には 全日本選手権優勝の加藤季温選手のダブルス必勝46パターン がおすすめです。 初級者でも、次の試合ですぐに使えるDVD4枚組フルセットです。

2. 左利きのサーブに対するリターン

左利きのサービスがとりにくいと感じたことがある人は多いと思います。 サービスのスピードがそれほど速くなくても返球しにくい理由は回転が右利きのサービスと逆だからです。 今回はその中でスライスサーブとキックサーブの対処法に関して解説します。

テニス応用編2-1

 
 左利きの人のサービスでとりにくいと感じる多くのパターンは 図2-1図2-2の二つのパターンがあります。 ほとんどの場合、ネットを越えてバウンドするまでの曲がり方はレシーバーから見ると向かって左に曲がっていくように変化します。(リバースサーブの場合は右に曲がりますがコレを打つ人はごくわずかだと思いますので今回は割愛します。)
 バウンドしてからの曲がり方は逆に右側に曲がってはねるキックサーブ (図2-1)とバウンドしてからさらに左側にすべるスライスサーブ (図2-2)があります。  普段右利きのサービスを受ける機会のほうが圧倒的に多いため、この回転とバウンドの仕方に慣れていないのが左利きのサービスを返球しにくい原因です。
  左利きのキックサーブ図2-1のように少し左に曲がりながらネットを越えてバウンド後には右に少し戻るようにバウンドします。予測しているところ (黒の点線)よりも右寄りにバウンドするわけです。 
  左利きのスライスサーブではレシーバーから見ると左方向に曲がりながらバウンド後にさらに左方向に曲がって滑ります。 予測しているところ (黒の点線)よりも左寄りにバウンドするわけです。 その結果、 図2-2のようにフォアハンドで打とうとすると食い込んでくるようになり根元側にあたり、打とうとしていると意図している場所よりも右寄りに飛んでいくことが多いでしょう。
 

トップスピン上達マスターのためのたった3つのポイント 

1 トップスピンをマスター・上達するのためのテニスグリップ

 トップスピンをかけるためのグリップはラケットを地面に置いた状態で握るウェスタングリップにしてみましょう。

2 トップスピンをマスター・上達するのためのスイング方法

 フォロースルーはあまり重要視されないことも多いがトップスピンをかけるとなると実はフォロースルーのあとのフィニッシュを意識するだけでトップスピンがうまくかけられるとする理論があります。『ワイパースイング』のコツと動画ではあの杉山愛を指導した新井コーチによるワイパースイングのコツが紹介されている。 

3 トップスピンをマスター・上達するのためのインパクト

 トップスピンをかけるときのスイングは下から上にスイングします。このイメージを覚えるには素振りで下から上への動きを体に覚え込ませることが重要です。正しいスイングができているか一人で確認するのはなかなか難しいのですが、下のトップスピンプロがおすすめです。
 

 

オンライン時代のテニススクールPR
ダブルスは立つ位置や戦術が大事
全日本選手権優勝の加藤季温のダブルス必勝パターン
初級者でも、次の試合ですぐに使える「46のダブルス必勝パターン」 DVD4枚組フルセット
ストロークは基本
あのボリスベッカーを破った石井選手のDVD
石井弘樹の SIMPLE TENNIS SERIES vol.1 フォアハンドストローク編

 
もし、相手がオープンコートのクロスにボレーしてくれば相手の陣形は逆陣形(ストレート側が後ろ、クロス側が前の陣形)になりギャップができるのでチャンスになります(図1-3)。 センター(A)に返球スライスサーブとキックサーブを打ち分けることができるサウスポーに対してはフォームから判断するしかありませんが、 どちらか片方しか打たない相手の場合には試合の序盤で相手のサーブの変化の仕方をよくみてイメージしておくと返球できるようになるでしょう。よほど、回転量が多くてスピードがあるサービスの場合にはバウンドしてからの変化が大きいために分かっていてもリターンが難しい場合があります。これは右利きのサーブでも然りです。このようなサーブの対処法はできるだけバウンド後の変化が少ないライジングでブロックしてリターンするのがコツですが、慣れが必要です。
 左利きのサーブの曲がるイメージをもつことと数打って練習することが大事です。 することでエースが取れる可能性が高くなりますし、クロスロブ(B)もかなり有効です(図1-4)。 特にアドコートでは相手のクロスのボレーは自分のフォアハンド側になるのでこのパターンに持っていければ有利です。 相手の弱いところを攻めるのは相手のコンビネーションを崩すには非常に良い方法です。 なかなか自分にボールが回ってこない上手なほうのプレーヤーが自分のボールで何とか決めようとあせるようになれば、さらにミスを誘うことができるようになるでしょう。