HIYOKOGUMI HOME     幼児英語子連れ旅行引越テニス上達サイパンハワイ東京ディズニーリゾート
テニスシングルス上達のための戦術・戦略とポジション


 

テニスシングルスのポジション7


アプローチの打ち方とポジショニング

アプローチショットとはボレーにでるためのショットをいいます。アプローチショットを打つタイミングとして簡単なのは相手の返球が浅くなりチャンスボールになったときがあげられます。できるだけ早く前回のボレーのベストポジションにつくのが基本です。



この観点からアプローチショットを打つ方向を考えてみます。まず、クロスにアプローチショットを打ったとき(図7-1)とストレートにアプローチを打ったとき(図7-2)を比べてみると、ベストポジションまでの距離はストレートに売ったときのほうが短くなるのが分かります。さらに急いでベストポジションに着いたとしても、クロスにアプローチを打ったときには相手がクロスにパッシングをしてきたときにかなり急角度に移動しなくてはならなくなり、逆をつかれやすくなります。
 実は相手にとってはクロスに来た球をクロスに返すことは一番リスクの少ない方法です。角度を変えなくて良い上にネットの高さが低く、ベースラインは対角線になるので遠くなるからです。  相手のフォア・バックの得意・不得意がなければ基本的にアプローチショットはストレートに打つのが良いといえます。


テニスシングルス6ヘ  HOME  テニスシングルス8アプローチの応用

自動更新 234_60

■こんなに図解されても良く覚えられないという方はコチラ
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「7日間短期集中」通信講座 たった90日間であなたも日本ランカー!テニス超初心者でも実践出来る方法・完全マニュアル
■この図解で理解できたという方はお手数ですがクリックご協力を!
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 人気WEBランキングスポーツ人気Webランキング

6日で完結する無料メルマガ20000人以上が購読!

第1日目のウソ:「ストロークでは一歩前に踏み込んでボールを打ちましょう。」
第2日目のウソ:「ストロークでボールを打つときに、飛び上がってスイングしてはいけません。地面に両足をつけたままスイングしましょう。」
第3日目のウソ:「良いショットを打ちたければ、スイングに入る前に必ず足をとめ、上体を真っすぐ起こして、体のバランスがとれた体勢をつくらなければならない。」
第4日目のウソ:「ローボレーではしっかりひざを曲げて腰をおとして、手首とラケットの角度を90度に保ちましょう。」
第5日目のウソ:「初心者はトッププロの試合を見ても上達しないので意味がない。」
第6日目のウソ:「バックハンドで打ち終わった後に、体を後ろへ反らしてはいけません。」

まだ購読していない人で興味のある人はこちらから!無料です。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「7日間短期集中」通信講座