HIYOKOGUMI HOME     幼児英語子連れ旅行引越テニス上達サイパンハワイ東京ディズニーリゾート
テニスシングルス上達のための戦術・戦略とポジション


 

テニスシングルスのポジション5


回り込んで逆クロスの戦術

今回のテーマは回り込みです。
王者フェデラーはバックもとても得意に見えますが、試合を見ているとバック側の球もときどき『まわりこんで』フォアで打っています。この戦法は初級者でも非常に有効な方法です。
初級者ほどバックよりフォアの方が得意な人が多いからです。

 自分がフォア、相手がバックで優位に安全にラリーを展開することができます。
回り込むためには相手のバック側に打った後、相手がクロスに返してくることが分かったらすぐに回り込むことが必要です。
打点に入る際にはバックで打つときと大きな違いがあります。バックで打つときには、ボールの方向を向いて打点に入ればよいのですが、フォアで回り込む場合にはまずフォアで構えて後ろ向きに打点に入らなければなりません。これにはすこし慣れが必要になります。

図5-1の矢印のようにネットに向かって左に動いた後、ネット方向に(Lの字を逆に書くように)動くと無理なく打点に入ることができます。
Aのように逆クロスにつないでいれば自分がフォア、相手がバックになります。
クロスのラリーのときにお話したように逆クロスの場合にも打ったあとにはセンターマークよりもバックよりにポジションを取ればよいことになりますが、相手のバックがそれほど強くなければさらにバックよりに構えていても良いでしょう。
相手の返球が甘くなればBのようにストレートに打つことでエースも期待できます。
ストレートの利点は距離が短くエースが取りやすいことですが、ネットが高いのでネットしやすく距離が短いのでアウトもしやすいので無理は禁物です。
 図5-2のように逆クロスでかなり角度のついたショットを打った場合には、相手(2)は返球後にあいたストレート側をカバーしようと戻るのに必死になることが多いでしょう。大きく戻るのが見えた場合には、あわてずにもう一度逆クロスに打つことで逆をついてエースを取ることができます。
自動更新 234_60
テニスシングルス4ヘ  HOME  テニスシングルス6へ


■こんなに図解されても良く覚えられないという方はコチラ
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「7日間短期集中」通信講座 たった90日間であなたも日本ランカー!テニス超初心者でも実践出来る方法・完全マニュアル
■この図解で理解できたという方はお手数ですがクリックご協力を!
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 人気WEBランキングスポーツ人気Webランキング

6日で完結する無料メルマガ20000人以上が購読!

第1日目のウソ:「ストロークでは一歩前に踏み込んでボールを打ちましょう。」
第2日目のウソ:「ストロークでボールを打つときに、飛び上がってスイングしてはいけません。地面に両足をつけたままスイングしましょう。」
第3日目のウソ:「良いショットを打ちたければ、スイングに入る前に必ず足をとめ、上体を真っすぐ起こして、体のバランスがとれた体勢をつくらなければならない。」
第4日目のウソ:「ローボレーではしっかりひざを曲げて腰をおとして、手首とラケットの角度を90度に保ちましょう。」
第5日目のウソ:「初心者はトッププロの試合を見ても上達しないので意味がない。」
第6日目のウソ:「バックハンドで打ち終わった後に、体を後ろへ反らしてはいけません。」

まだ購読していない人で興味のある人はこちらから!無料です。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「7日間短期集中」通信講座