HIYOKOGUMI HOME     幼児英語子連れ旅行引越テニス上達サイパンハワイ東京ディズニーリゾート
テニスシングルス上達のための戦術・戦略とポジション

神尾米『これからテニス。』Vol.1『いつでもテニス!』Vol.2/Vol.3 3枚セット【DVD】送料無料! 田村伸也『THE GAME』Vol.1【DVD版】 NHK趣味悠々『沢松奈生子が贈るたのしいテニス』  前編:基本をおぼえよう!【DVD】 Dr.西尾の「テニスクリニック」ストローク編【DVD】 神尾米『これからテニス』『いつでもテニス!』 3枚セットDVD

田村伸也『THE GAME』Vol.1DVD

NHK趣味悠々『沢松奈生子が贈るたのしいテニス』DVD

Dr.西尾の「テニスクリニック」ストローク編DVD

テニス用品は

Pandahouse
おしゃれなウェアあります

アートスポーツ

テニスショップアド

KPItennis

テニスマックス

tennis 24

テニス肘にはコレ!
GOSENひじ痛防止器具 A80 ドクターエルボー 

 

シングルスベースラインのポジション4


シングルス つなぐストローク

これまでは、相手の返球に追いつきやすいポジショニングという観点からストロークはクロスに打つのが良いという話をしてきました。 テニスはミスをいかにしないかというスポーツです。よって、アウトしない・ネットしないということが重要になります。まず、ストレートに打つよりもクロスに打つ方が対角線上になりますのでアウトしにくくなります。  さらに、ネットは中央が低くなっていますのでストレートでネットの高いところをねらうよりもクロスでネットの中央付近をねらう方がネットしにくくなります。 よって、ストロークのラリーでは理論的にはクロスをねらうのがミスをしにくく、相手の返球もカバーしやすいということがいえます。  それでは、ストレートは打たなくて良いのか?ということについては次回お話ししたいと思います。

自動更新 234_60
テニスシングルス3ヘ  HOME  テニスシングルス5へ


■こんなに図解されても良く覚えられないという方はコチラ
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
【テニスの無料動画レッスンサイトオープン】
たった90日間であなたも日本ランカー!テニス超初心者でも実践出来る方法・完全マニュアル
■この図解で理解できたという方はお手数ですがクリックご協力を!
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 人気WEBランキングスポーツ人気Webランキング

6日で完結する無料メルマガ20000人以上が購読!

第1日目のウソ:「ストロークでは一歩前に踏み込んでボールを打ちましょう。」
第2日目のウソ:「ストロークでボールを打つときに、飛び上がってスイングしてはいけません。地面に両足をつけたままスイングしましょう。」
第3日目のウソ:「良いショットを打ちたければ、スイングに入る前に必ず足をとめ、上体を真っすぐ起こして、体のバランスがとれた体勢をつくらなければならない。」
第4日目のウソ:「ローボレーではしっかりひざを曲げて腰をおとして、手首とラケットの角度を90度に保ちましょう。」
第5日目のウソ:「初心者はトッププロの試合を見ても上達しないので意味がない。」
第6日目のウソ:「バックハンドで打ち終わった後に、体を後ろへ反らしてはいけません。」

まだ購読していない人で興味のある人はこちらから!無料です。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
テニス上達ならここ! たった30分でテニス上達する5つの教え