HIYOKOGUMI HOME     幼児英語子連れ旅行引越テニス上達サイパンハワイ東京ディズニーリゾート
テニスシングルス上達のための戦術・戦略とポジション

「7日間短期集中」通信講座

 

シングルスベースラインのポジション3


クロスストローク対ストレートストロークの戦術

今回は相手のクロスの返球をオープンコートにストレートに返球することを考えて見ます。



図3-1のようにクロスラリーをストレートに返球すると、 相手(2)をコートの端から端まで走らせることができますが、前回お話したとおり、ストレートに打った後には、相手が返球しうる範囲をカバーするべく、その中央までもどるにはセンターマークを少し超えたところまで戻らなくてはなりません。 さらに相手がクロスに返球をし、それをストレートに返球し続けるとすると図3-2のようになります。最初に相手を走らせようと考えてストレートに打ったつもりが、移動距離は自分の方がずっと長くなってしまいます。 これまで3回をまとめると(勿論、駆引きがあるのでいつでもクロスに打っていれば良いということではありませんが)他にメリットがない限りストロークはクロスに打つのが有利ということになります。
自動更新 234_60
テニスシングルス2ヘ  HOME  テニスシングルス4へ


■こんなに図解されても良く覚えられないという方はコチラ
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「7日間短期集中」通信講座 たった90日間であなたも日本ランカー!テニス超初心者でも実践出来る方法・完全マニュアル
■この図解で理解できたという方はお手数ですがクリックご協力を!
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 人気WEBランキングスポーツ人気Webランキング

6日で完結する無料メルマガ20000人以上が購読!

第1日目のウソ:「ストロークでは一歩前に踏み込んでボールを打ちましょう。」
第2日目のウソ:「ストロークでボールを打つときに、飛び上がってスイングしてはいけません。地面に両足をつけたままスイングしましょう。」
第3日目のウソ:「良いショットを打ちたければ、スイングに入る前に必ず足をとめ、上体を真っすぐ起こして、体のバランスがとれた体勢をつくらなければならない。」
第4日目のウソ:「ローボレーではしっかりひざを曲げて腰をおとして、手首とラケットの角度を90度に保ちましょう。」
第5日目のウソ:「初心者はトッププロの試合を見ても上達しないので意味がない。」
第6日目のウソ:「バックハンドで打ち終わった後に、体を後ろへ反らしてはいけません。」

まだ購読していない人で興味のある人はこちらから!無料です。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「7日間短期集中」通信講座